結婚祝い

ギフトのいろは2014.10.23 (Thu)

マンネリしだしたプレゼント選びに困っている方必見!!新感覚の体験型カタログギフトなんていかが?

「カタログギフト」と聞くと、食器・衣料品・グルメ・雑貨などの商品を思い浮かべますよね? ですが、中には”もの”を選ぶのではなく、思い出や感動を残せる”コト”を充実させた新感覚のカタログギフトもあります。 その名も「体験型カタログギフト」。 行ってみたかった温泉やエステ、ヨガやものづくり体験、アクティビティーなダイビングやパラグライダーなど、いわゆる、普段滅多にできない体験やサービスをプレゼントするという事ですね。様々な体験ができるので”上質な時間”を贈れる体験型カタログギフトは新たなトレンドとして人気が出始めています。 人とはちょっと違うセンスを見せたい方におすすめです。 【流れと仕組み】 -贈り主- 1.相手の好み・立場などを考慮し各メーカーのカタログギフトの体験内容を吟味 2.予算に合わせてカタログギフトの価格帯の決定 3.ウェブショップや店舗にて注文 4.カタログギフトを相手に手渡し又は配送(メーカーより直送)する -贈られた方- 1.カタログギフトの中から好きな体験をチョイス 2.申し込みハガキ・FAX・インターネットよりカタログメーカーへ申し込み 3.後日招待カードが自宅に届く 4.利用日時を決定し電話にて予約をする 5.予約当日に招待カードを持って出発 上記が簡単な流れとなります。とっても簡単ですね。但し、申し込み方法・予約方法はカタログギフトによって異なりますのでご注意ください。 カタログギフトの内容として主な種類は ・旅行…温泉・宿泊など ・お食事…レストラン・クルージングなど ・アウトドア…ゴルフ・乗馬・カヌー・気球など ・美容…エステ・スパ・ネイル・整体など ・その他…習い事・陶芸・書道・検診サービスなど 体験をプレゼントするといっても、これだけ種類があると迷ってしまいます。 そんな迷ってしまったあなたにオススメなのが、ふたりで参加するタイプの体験ギフトが集められている『体験型カタログギフト』なんです。 このギフトを贈るおすすめシーンとしては… ・結婚祝いや出産祝いに…ふたりの新たな門出、新しい家族の誕生に”おめでとう”の気持ちをたっぷりこめて心に残る思い出をプレゼント! ・誕生日に…年に1度の大切な誕生日に記憶に残るような、とびっきり素敵な体験をプレゼント! ・父の日・母の日…年を重ねるにつれてだんだんと新しい体験をする機会が減ってしまうご両親にきっかけをプレゼント!または、一緒に出かける機会がなくなったご両親をこの機会にデートに誘ってみるのも素敵です。 このカタログに記載されている”体験”から好きなことを選べるので、ギフトを考える悩みもヘタなチョイスをしてがっかりされる心配もないですね。 しかもカタログならインターネットでさくっと手配できるので、クリスマスまでに間に合うよう、急いで街へ出かける必要もありません。当日まで隠しておけるコンパクトさも魅力のひとつですね。 さっそくチェックしてみてください! 続きを読む >

編集部オススメ2014.09.09 (Tue)

新築祝いや引越し祝い、結婚祝いにも喜ばれる!! あの映画にも使われた皆が欲しい食器セット。

少し前から北欧の食器や雑貨がすごく流行っていますよね。 その人気ぶりは、北欧雑貨のお店が日本に上陸しちゃうくらいです。 みなさんは2006年3月に公開され、話題をよんだフィンランドを舞台にした映画「かもめ食堂」をご存知ですか? 監督は荻上直子さん。原作は群ようこさん。 そしてフィンランドで食堂をはじめるサチエという主人公を演じた小林聡美さんはじめ、 片桐はいりさん、もたいまさこさんなどの演技が光る、本当に素敵な映画でした。 私も映画の中に流れるフィンランドの景色やお店のインテリア、ゆったりとしたストーリー、 そして時に考えさせられるシンプルで深い台詞、フードコーディネーターの 飯島奈美さんが手がけられたという美味しそうな料理の数々が衝撃的で、大きな影響を受けたと思います。 この映画をきっかけに「かもめ食堂」みたいに暮らせたらいいのにと思った方も多かったようです。その中でも注目を集めたのが北欧の食器や雑貨たち。 すごく味があって、ご飯がすごく美味しそうにみえて、それにマッチしている食器。この食器ほしい。そんな方たちがたくさんいたようです。 そんなあたたかみのある食器をぜひギフトとして贈ってみませんか?きっと喜ばれるはずです。 「かもめ食堂」にでてきた食器でおすすめのものを今回紹介させていただきます。 映画「かもめ食堂」の登場し、一躍有名となったARABIA社24Hシリーズから新シリーズ「トゥオキオ」が登場。 「トゥオキオ」はフィンランド語で「時」「つかの間」を意味します。 無駄のないシンプルなフォルムに深い藍色が日本人に自然と馴染み、手書き風の粒模様は、まるで和食器のような雰囲気を漂わせる、どこかヴィンテージな魅力を持っています。 24時間いつでも大事な人や気の合う仲間との大切なひとときに彩りを添えてくれる。そんな温かみのある独特の質感が、どんな食材にもマッチします。 主張しすぎないけれど、主役にもなれる、落ち着いた存在感を発揮しています。 是非そんな素敵な食器を大切なあの人に贈ってください。続きを読む >
  • 前ページへ
  • 1
  • 2
  • 後ページへ

おすすめ記事

もっと記事を見る

タグから記事を探す

フリーワード検索