オイル

編集部オススメ2014.12.16 (Tue)

キレイになりたいあなた必見!万能な魔法のオイル?!今流行している「アルガンオイル」

クレオパトラも愛用していたと言われていて、世界の名だたるセレブが使っていることで一気に広まり、注目されている万能美容オイル「アルガンオイル」。アフリカのサハラ砂漠の北西、モロッコの南西部にしか生育しないアルガンツリーの実の種子から抽出されるオイルで、100kgの実からわずか1リットルしか採油されない非常に希少なオイル。アルガンオイルは北アフリカの広い地域に住むベルベル族より古来からの伝統により引き継がれ、生活の中に取り入れてきました。アルガンの実が「人生の実」と称されたほど。美容目的だけではなく、食物や治療薬にも使われてきました。ベルベル族は、赤ちゃんが生まれると、アルガンオイルをスプーン1杯赤ちゃんに飲ませ、赤ちゃんの健やかな成長、食べ物に困らないようにという、祈りをこめています。そんな奇跡のオイルは、美肌を誇るモロッコの美女たちによって大切に受け継がれて、近年、地中海を越え、ヨーロッパや他の国々にまで伝わり、その豊富な美容成分は科学的にも解明され、ヨーロッパの高級スパなどでも使用されるほどです。今では「モロッコの黄金」「クレオパトラが愛した美容オイル」「奇跡のオイル」などと呼ばれています。アルガンツリーは、水が少ない砂漠の厳しい環境の中で8000万年も生き続けています。数ヶ月も雨が降らない砂漠地帯で生き残っているのはアルガンツリーだけです。木の高さは7から8mですが、根は30mも地下深く伸びて水分を吸いあげており、生命力のとても強い木。そんな木からとれるアルガンオイルには「肌の潤いを保護する必須脂肪酸」「肌のサビを防ぐビタミンEやカロテン」「肌を柔らかくするサポニン」が豊富に含まれ、非常にバランスのよいアンチエイジングオイルとして注目を集めています。※アルガンオイルには、ビタミンEがオリーブオイルの2から3倍以上も多く含まれていて、オイルの中でも最高級です。老化の原因とされる過酸化脂質の生成を防いで、細胞の若さを維持する働きがあります。元来は食用、または創傷用に使われており、傷跡やあざ、シミを薄くする効果にも優れています。ニキビやニキビ跡、火傷等の治療薬に使われてきた歴史があり、妊娠線予防にも最適だとか。続きを読む >

おすすめ記事

もっと記事を見る

タグから記事を探す

フリーワード検索