アンチエイジング

編集部オススメ2015.02.23 (Mon)

テレビで紹介♡アルツハイマー予防もできる!すごすぎるアロマ力!

昨年、放送された「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学~名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決SP」で、“アロマの香りを嗅ぐことで脳を若返らせ認知症(アルツハイマー)を予防” するという事が話題になりました。話題になったエッセンシャルオイルが、次の日から、アロマショップで売り切れになった程の影響力!同番組に出演された鳥取大学の認知症・アルツハイマー病の代表研究者である浦上克哉先生によると…『人の脳には、記憶をつかさどる「海馬」というものがあります。認知症を発症すると、その「海馬」がダメージを受けると考えられていました。ですが、最新の研究で、海馬より先に、海馬に直接つながっている“嗅神経”が始めにダメージを受けることが分かりました。この“嗅神経”のダメージが次第に「海馬」に伝わっていき、記憶の機能を壊しながら、そのほかの場所にも広がってどんどん悪化してしまうのです。』とのこと。とっても怖いですね。浦上先生は、この“嗅神経”こそ認知症予防のカギが隠されていると考えました。嗅神経はもともと、他の神経に比べて再生能力に優れています。何らかの香りで嗅神経を刺激することで、機能を再生させ、そこから海馬も活性化させて認知症を予防・改善できるのではと考えたのです。そして、先生は数ある香りの中から、どんなものが嗅神経に良いのかを分析され、その香りをアルツハイマー型認知症の患者さんに嗅いでもらい、認知機能の改善度を10年調べて、ついに!脳の若返りが期待できる “ある香り” にたどり着きました!その“ある香り”を少し物忘れのある程度の正常レベルの方にもアロマ療法を試してもらってみると、やはり認知機能が改善し、正常範囲の人の脳でも若返る可能性があることが実証されました。その “ある香り” とは…続きを読む >

おすすめ記事

もっと記事を見る

タグから記事を探す

フリーワード検索