海外ギフト

海外ギフト2014.11.27 (Thu)

【注目!】日本に興味のある多くの外国人へ勧めたい!旬な日本のお土産

2011年の東日本大震災が起きた頃は余震や原発を恐れて、来日する海外の旅行者も一旦、減少しましたが、富士山や栄養面も見栄えの優れている和食がそれぞれ世界遺産やユネスコ無形文化遺産の認定を受けた影響もあってか、国内外問わず「日本の良さ」も見直され、欧米や東南アジアと中心とした来日の海外の観光客もV字回復していています。その理由として、欧米・アジア圏を中心とした日本ブームがすっかり定着し、特に「お寿司」や「アニメ」は多くの外国人に愛されている文化となって、日本にに関する話題が多くなったことがあげられます。また、その影響もあり、第二外国語を選択するときに日本語を選ぶという現地の学生の増加、そして、日本でもブレイク中のシェネルさんやクリスハートさんのように日本語の曲を流暢に歌うことに頑張っている現地の若者も増えています。他にも日本人の持ち味でもある奥ゆかしさ・きめ細かい心を持って、人と接する点も外国人は非常に高く評価されています。2020年には東京オリンピックも開催されることもあり、海外に住んでいる人たちの日本への関心度はこれまで以上に高くなります。そこでこの記事では外国人へ勧めたい人気の日本のお土産を取り上げてみたいと思います。―ヒットしている日本のお土産について 2014年―・お弁当箱(=ランチボックス)・折り畳み傘・印鑑・キットカットシリーズ(※特に抹茶が人気で、大人買いする外国人多し!)・ランチボックス・爪切り・うまい棒・筆ペン・パンティストッキング・フリクションボールペンシリーズ などなどおそらく上記の一覧を見ていてもお土産の統一性がないと思う人もいることかと思いますが、いくつかの傾向が把握できます。その傾向は「巧みな作り・母国にはない発想・日本の伝統」です。確かに折り畳み傘、つめきり、パンティストッキングは母国でも普通に買えますが、外国人の間でヒットしているきちんとした理由があります。それはユーザー目線でのきめ細かい、すぐ物が駄目にならないような巧みな作りをしているからです。外国の折り畳み傘は作りもごっついものが多く、開閉にも時間がかかってしまうことも良くあり、負担になる声もありますが、日本の折り畳み傘はワンプッシュの開閉&3つ折りになので、コンパクトにしまることが大きな特徴です。そのストレスフリーな機能が外国人の心をわしづかみにしています。次にランチボックスはご飯とおかずのバランスよいお弁当の文化があまり根付いてない外国ではお弁当アイテムもあまり出回っていないことが現状ですが、日本のキャラ弁や色彩豊かなお弁当への関心度も高まっています。(※海外では通学の時にお弁当を持参する習慣もありますが、いたってシンプルなメニューで透明のジッパーで包んでいることが多い。)東急ハンズなどへ行くとお弁当専用コーナーもあったりして、保温・コンパクトなどをテーマにしたお弁当がたくさん扱っているので、お土産としてヒットしています。最近ではオリジナリティも味わいたいという観光客も増え、日本の文化でもある印鑑は1時間でできる印鑑ショップにて自分の名前を漢字へ変換して、オリジナルの印鑑にするという外国人もじわじわと増えています。例えば…Mikeの場合「真育(まいく)」、Elsaの場合「笑流咲(えるさ)」といった心がこもった漢字の組み合わせでオリジナルの印鑑をオーダーすることができ、出来上がったときに感激する外国人もかなりいるそうです。これから、日本は外国人にとってますます身近なものとなっていて、ヒットする日本のお土産も変化します。2015年以降は2014年11月にユネスコ世界無形文化遺産の仲間入りした「和紙」に注目するという外国人も増えると予想します。和紙をモチーフにしたアイテムが続々とお土産としてラインナップされるのではないでしょうか。自分の周りに日本びいきの外国人がいる人や自宅に海外からのホストファミリーを受け入れる予定のある人など、和紙などのヒットしそうな新しい日本のお土産にも注目してみてはいかがでしょうか。続きを読む >

海外ギフト2014.09.19 (Fri)

今、注目のスコットランドのギフト

スコットランドはイギリスからの独立は果たせませんでしたが、多くの人たちが注目している地域でもあります。経済でも文化でもこれからの動きや発展が気になるところですね。 スコットランドは電話を発明したグラハム・ベルや大富豪のアンドリュー・カーネギーの出身地として有名ですが、みなさんはやはりスコットランドと言えば、朝ドラの舞台にもなるウィスキーを思いつくという方も多いことでしょう。 それ以外にも私たちになじみのあるあのギフトアイテムも実はスコットランドが発祥というアイテムもいくつかあるので、紹介をしたいと思います。 まず、スコットランドの象徴はAKB48メンバー衣装や多くの女子中高生制服スカートで取り入れられている「タータンチェック」です! スコットランドでは男性の民族衣装として認知されていますが、タータンチェックをモチーフにした衣類やストールも日本では出回っていますね。 やはり、スコットランドの名物ギフトと言えば、日本でもなじみ深い・赤のパッケージが目印の「Walkers ショートブレッド」は実はスコットランドの名産品なんです。 この記事を書いている私もたまにこのショートブレッドを食べ盛りの二人の子供と食べることもありますが、甘い中にも塩味がほんのりきいていて、数ある好きなお菓子の一つです。先日もイギリスのお土産ギフトで頂いて、親子で楽しんで食べたところです。 このお菓子はどっしりした四角い形が多くの方に知られていますが、他にも三角のタイプもある、味のベースを変えることなく、見た目やパッケージなどに違いを出しています。 きっと、これまでのスコットランドの定番ギフトに加えて、スコットランドの名産ギフトを探せば、もっと出てくると思います。 これからブレイクしそうなスコットランドの新ギフトにも注目したいですね!続きを読む >

海外ギフト2014.07.29 (Tue)

意外と悩む!海外在住の友達に贈るギフト

最近増えてますよね,国際結婚。私の友達も外国人と結婚して海外に住んでいます。 海外にいて貰って嬉しいプレゼントってなんだろう。必要なものって日本と違うのかな?買う前に考えてしまいます。 そこで実際に海外に住んでる方の意見も踏まえて、海外在住の方に贈るギフトを紹介させていただきます。 一番の問題は「荷物の多さ」です。 引っ越しの時だけが大変なのではありません。海外で暮らしている方は一時帰国をするたびに悩まされているようです。外国土産を日本へ、そして日本土産を向こうの知人へ。 さて、ここからが本題ですが、調べたり、実際海外で生活している方の意見を聞いているとプレゼントされて一番嬉しいのはインテリア系グッズの様です。 メジャーなのはテーブルクロスとかランチョンマットとかキッチンクロス(お皿を拭くヤツ)。 また、ちょっと高価な湯のみのセットや、どんぶりやお箸などの和食器も喜ばれます。 和食器は海外では高価だと言われているので、帰国したときに100円ショップで揃えている方もいるようです。 和食器は意外と欧米の暮らしの中で映えるらしく、揃えたくなるんだそうです。 また、これは裏技ですが、日本に帰国したときに日本で流行っているものを知るので、久しぶりに日本の友達と会っても皆の会話についていけない事があるそうです。 なので、日本のテレビの録画をしたDVDを毎月贈ってあげるとかもいいかもしれません。 そのときにCMも一緒に入れてあげると更に楽しめるかもしれません。 日本で市販されているDVDは再生できない事があるので、録画したDVDを贈ってあげるのがいいと思います。 手作り感満載ですごくあたたかみのあるギフトになると思います。続きを読む >

海外ギフト2014.07.29 (Tue)

日本文化”お土産”で外国人の心をがっしり掴んで仲良くなろう。 外国人へのおすすめお土産集。

近年は日本にも多くの外国人の方がいてグローバル化していますね。 外国人と仲良くなりたい… 誰でも一度は思うことがあるかと思います。 外国人と仲良くなるきっかけ。それはちょっとしたプレゼント。 日本特有の[お土産]ですね。 お土産文化がない他の国の方には理解し難いことがたくさんあるようです。 プレゼントを購入するとき,相手の立場になって考えますよね。でも外国人の立場って難しい。 日本人は高価なものを贈りたがりますが、外国人はただ高価なものを貰っても嬉しくないようです。 外国人の方が使いやすい,好みの贈り物を真剣に考えないと喜んでもらえません。 たいていの日本製品はアメリカ人にするとサイズが小さすぎて実用的な感じがしない。それから,食べ物類も難しい。 やはり食べなれないものに挑戦するのは,誰でも勇気がいるものですよね。 ですが,食べ物系の中でも,ひとつだけ例外があります。それは お酒。 日本のもので私がこれまでに外国の方にプレゼントして喜ばれたのは梅酒と日本酒です。 特に梅酒は女性に好評で、すごくおいしいと絶賛でした。アメリカではなかなか手に入らないし、あの甘さが良いと言っています。 それに梅=(プラム)はアメリカでもなじみのある果物なのでプラムのワインだと言えば「それは素敵!」と受け入れてもらいやすい。 さらに日本酒はNYではかなり市民権を得ているお酒です。 アメリカ人は「サキー」と発音しお寿司を食べるときはビールでなくサキーを注文するのが「通」であるという認識が広がっているようです。 でも、そのまま飲むのではなくジンやラムと同じ感覚でジュースと混ぜカクテルにして飲むのが好きなようです。 文化の違いって本当に気をつけなくてはなりませんね。ぜひ,海外の方にプレゼントされる際はこの記事を思い出してみてくださいね。 外国人と仲良くなってグローバルな生活に一歩近づきましょう!続きを読む >

おすすめ記事

もっと記事を見る

タグから記事を探す

フリーワード検索